戸建て賃貸のリスクについて考えて見ます。家は年々劣化するものなので賃貸運営と売却で非常に悩みますか。

どちらが満足?戸建てとマンションの比較
どちらが満足?戸建てとマンションの比較

戸建て賃貸のリスク

最近では戸建てや、マンションを賃貸運営する一般の人が増えてきた。
このような投資運営では多くの成功者の声も耳にするが、反対に多くの失敗談も耳にする。
実際のところ戸建て賃貸のリスクとはどのようなものなのか。
成功の見込みはどれくらいのものなのか、非常に気になるところである。
戸建て賃貸の場合、稼働率0か100かの二通りしかない。
マンションのような集合住宅ではないので当たり前だが、これは大きなリスク。
収入が無いのとあるのとでは大違いなので、戸建てはマンション経営に比べるとリスクが高いといえるだろう。
入居者がいて家賃収入があるとしても、同時に建築物の資産価値は減衰していく。
現状では売却可能な戸建て物件も、入居者を入れて劣化してしまうとリフォームしないと売却できない状態になる可能性が出てくる。
基本的に家がそのまま売却できるのは築年数15年まで、それ以降は要修繕。
入居者は賃貸しているだけで、自分の家ではないので大切に扱ってくれるかどうかも疑問も残る。
マンションではなく戸建て賃貸を選ぶ理由について考えてみると分かるが、概ねそのような人たちはペット希望だったり、子供が多かったりで一般の賃貸マンションからは規格外とされる人が多い。
そのような人たちを受け入れるとどうなるか、少し考えてみると分かるだろう。
戸建て物件の賃貸運営においては、いかに高い家賃を長期的に継続させて入居を維持させられるかと言う点が非常に重要になる。
マンションと違い開放的で居住空間も広いため、家賃も高めに設定する事が可能な点は強みだろう。
また、利回りを高くするための一つのポイントとして、できる限りお金をかけないということが重要。
質の低い物件では高い賃料を取ることは難しいが、過剰にお金をかけるべきではない。
お金をかけてしまうと回収できる可能性は未知数なのでリスクばかりが膨らんでしまう事になる。
空き家ができてしまったり、安く戸建て物件を入手できたりした場合、安易に賃貸運営を考えるのは危険である。
売却と賃貸の両方のリスクと可能性をよく吟味すべきだろう。


Copyright(c) 2017 どちらが満足?戸建てとマンションの比較 All Rights Reserved.