不動産の営業マンの良し悪しは、中古物件購入の肝なので注意が必要です。

どちらが満足?戸建てとマンションの比較
どちらが満足?戸建てとマンションの比較

不動産の営業マン

不動産における営業マンの良し悪しは、戸建て物件購入の肝。
中古の戸建て物件を購入する場合、多くの人は不動産会社を利用する事になる。
その不動産会社であなたを担当してくれる営業マンがあなたの物件購入のキーマンになるのだ。
非常に親身になって条件に合った物件を探してくれる営業マンもいる。
だが、その一方で不動産会社が売りたい物件を何とかして売却しようとする営業マンもいる。
お得意の営業トークでうまいことその気にさせて、終わってみると話が逸れていたなと振り返る人もいるだろう。
私たちは不動産会社の営業マンにこそ注力すべきであり、営業マンについて知る必要がある。
通常、不動産の営業マンといえば、建物の知識があり、物件について熟知していると言う印象を持つ人が多い。
一部の熟練した営業マンはそうかもしれないが、全体的にはそうした営業マンは少ない。
また、そのような営業マンであっても、客に対して親身であるとは限らない。
営業マンは建物の安全性や、快適性を自信ありげに謳うが彼らは建築のプロフェッショナルでは無い。
建築の知識については疑問符が上がる。
確かな知識ではなく聞きかじった程度の知識で接客をする営業マンも少なくない。
酷い場合には会社のマニュアルにある決まり文句だったり、カタログの受け売りだったりする場合すらある。
有名な宅建資格を保有している営業マンでも安心はできない。
宅建の問題には建築上の問いは極端に少なく、多くは取引に関する法律が多い。
これでは建物の良さをアピールするための知識は培われない。
新人の営業マンでも早い段階で営業をさせられる点も注意が必要だ。
業界に入りたての新人に対して熟練した営業マンのスキルを要求するのは無理がある。
彼らにはノルマが課せられ、それは新人であろうとおかまいなしである。
その為、営業職の離職率は非常に高く、中々人が育たないと言う側面もある。
これらの事を加味していくと、良い営業マンにあたる事は中々難しい事がわかる。
私たちは良い物件を捜す前に、良い営業マンを探す必要があるだろう。


Copyright(c) 2017 どちらが満足?戸建てとマンションの比較 All Rights Reserved.