現状有姿売買は中古の住宅売買において現在主流の売買方法ですが、非常に問題がある売買方法です。

どちらが満足?戸建てとマンションの比較
どちらが満足?戸建てとマンションの比較

中古住宅の現状有姿売買

某オークションサイトなどでは、ノークレームノーリターンでお願いしますとの文言が最近は決まり文句のように記載されている。
商品の情報を事前に完全に伝える事は難しく、後からのクレーム対応は非常に面倒なもの。
中古住宅におけるそれが現状有姿売買だ。
現状有姿売買とは、その物件をそのまま売買する事を言う。
現状有姿は現在のあるがままの状態を意味し、その状態で売買をするということだ。
最近では住宅履歴を作成し、住宅の情報を明確にしようと言う動きがある。
住宅履歴とは建築から補修まで、全ての情報の資料をまとめた資料集のこと。
この住宅履歴を見れば、その戸建て物件の情報はかなり正確に把握できるのだが、残念ながら住宅の中古市場ではまだ一般的とは言いがたい。
中古住宅市場で現在主流なのはこの現状有姿売買になっている。
売主としては冒頭で挙げた事前事後の細かいやりとりやトラブルを回避したいと言う考えがある。
更に言えば中古物件の場合は、補修工事などが必要になる場合が多いが、売主にしてみれば費用も手間もかかるのでやりたくない。
多少安くても、そのまま売り払ってしまえるなら御の字という事だ。
買い主の立場としては非常に厄介な売買方法である。
物件をちょっと下見しただけでは家の状態を完全に把握する事は難しい。
現状有姿売買という事で、痛みや傷などを考慮に入れた金額での売買という事になるわけだが、現状が把握できなければ妥当な価格も算出しづらい。
しっかりした査定をしようと思うと、費用も手間も時間もかかってしまう事になる。
ただし、一部の致命的な欠陥が発覚した際には後からでも交渉できる場合が多い。
具体的にはシロアリの害で倒壊の危険があるだとか、主要な部位が腐食しているだとか建物として致命的なダメージを負っている場合だ。
結局のところはどのような取り決めをするかによって異なってくるので一概には言えないが、現状有姿売買で住宅を入手する場合には細心の注意が必要だ。


Copyright(c) 2017 どちらが満足?戸建てとマンションの比較 All Rights Reserved.