不動産の売買にかかわる税金は色々な種類があります、一通り覚えておくと慌てなくて済むでしょう。

どちらが満足?戸建てとマンションの比較
どちらが満足?戸建てとマンションの比較

不動産にかかる税金の種類

不動産の売買や所有に関する税金は非常に種類が多い。
色々な税金がかかるのは何となく知ってはいるが、具体的なこととなるとさっぱりと言う人は多いだろう。
ここでは税金の種類についておおまかに説明していく。
頭の片隅にでも入れておけば、不動産売買の際に役立つだろう。
購入時の税金は4種類。
不動産取得税、登録免許税、印紙税、消費税。
この中で高額なのは不動産取得税、消費税だろうか。
消費税は現在5%、将来的には10%になるとも言われている。
不動産取得税は不動産価格の7%程度、こちらも年々増加傾向にある。
購入時の税金だけで数百万円の出費になるので、中々バカにできない。
所有中の税金は2種類。
固定資産税と、都市計画税。
固定資産税は多くの人が知るところであり、保有する固定資産に対して課税される税金だ。
都市計画税は各市町村が条例で課すことのできる地方税で、名前の通り都市計画事業に充てる為の税である。
売却時の税金は4種類。
譲渡所得税、住民税、印紙税、消費税など。
売却時にも大きく税金がかかる事になる。
このように不動産の売買には多くの税金がかかることになる。
一律のものもあれば、地方によって様々なもの。
不動産の価格によって変動するものなど、課税方式も様々だ。
時期やタイミングによっても変わってくる部分がある為、不動産の運営には計画的な視点が必要不可欠。
戸建て住宅の物件価格だけを参考にして購入資金を考えると思わぬ誤算を招くのはよく聞く失敗談。
不動産を動かすと、とにかくお金がかかるという事は頭に入れておこう。
また、条件を満たせば税金の控除などもあるので、実際に購入を検討する際には詳しく調べてみるといいだろう。
この他、住宅ローンを利用する際には事務手数料も発生する。
売却時には仲介手数料が発生する場合もある、こうした全ての費用を考えていくと見えない費用は相当な金額になる。
住宅価格を必死になって交渉するのも一つの手ではあるが、税金や手数料対策に真剣に取り組んでみるのも節約する為の大きな方法の一つになるだろう。


Copyright(c) 2017 どちらが満足?戸建てとマンションの比較 All Rights Reserved.